完成

頑固自在でクラフトした針金の飛行機(ワイヤーエアクラフト)

頑固自在を使って針金の飛行機を制作しました。飛行機の骨格の大まかな部分は太い針金で、プロペラや翼の面などの細かいパーツは細い針金を使いました。制作のこだわりや思いについて書いています。
ワイヤークラフトの技法

[格子編み]針金を置いて格子の形に編む方法

針金を互い違いに置いて編んでいく格子編みの方法をご紹介します。編んだ部分が面になるのでメリハリが出るので、作品の幅が広がります。
ワイヤークラフトについて

ワイヤークラフトとは何だろう?現在の針金作品の傾向は?

ハンドメイド(手作り)の中でもマイナーな位置づけであろうワイヤークラフト。現代では様々なワイヤーが普及して身近な存在となっているワイヤー達。そんなワイヤーを使って作品制作をする自分の目線から語ってみたいと思います。
完成

WM4-サーチライトを連想させた針金人間

横顔がサーチライトのような形の針金人間が出来ました。ねじりワイヤーを多用しコイル状になった腕や歯車のような腰回りといったメカニックなディテールに仕上がりました。
完成

自遊自在を使った針金のスマホスタンドをクラフトしてみました

ワイヤークラフト向けのワイヤーである自遊自在を使ってスマホスタンドを制作しました。簡素なデザインながらもしっかりとスタンドの役割をしてくれるので実用性があります。色も鮮やかなのでインテリアとしても使えそうです。
試作

ワイヤークラフトで針金人間の足の試作(ふくらはぎと足裏)

針金人間の足を作るときに難しいのが、足首が細くふくらはぎを太くして立体感を出すことです。また足裏は作品が自立するためになるべく平らにして安定するようにしなければなりません。そんなことを考えながら試作してみました。
雑記

Good Onの半袖シャツの経年変化を比較してみました

約一年前に購入したGood Onの半袖シャツと今年の福袋から出てきた半袖シャツの色が同じだったので、どれだけ経年変化しているかを見比べてみました。アイテムごとのディティールの違いも感じられて新しい発見が出来ました。ベーシックに使えるアイテムなので個人的にオススメです。
立体作品

針金の束を持ってくれる牙の付いた異形の針金人間

マスクをしたゾウのような針金人間を制作していましたが、作っているうちに造形が変わり牙の生えた魚のような針金人間になりました。その過程でワイヤーの束を持ってくれるようになったので、インテリア雑貨に付加価値を加えることが出来ました。
完成

アルミの針金で一筆書き!うまく作るコツをまとめてみました

[1mmのアルミワイヤーでカタカナ四文字を別々に一筆書き] この時期と言えば福袋が盛り上がります。初めて福袋を購入し、その内容を記事にしました。その時のサムネイルのために作ったのが、アルミのワイヤーを使って一筆書きで作った「...
雑記

[Good On福袋2019]中身ネタバレ!詳細や値段について

Good onの福袋(2019年)を購入しました。今回からは10000円から15000円に値上げにされるということで中身がどのように変化したのか注目が集まる福袋でもあります。優れた耐久性と独自の染色による鮮やかな色合いはデイリーウェアとして最高なので何が入っているか楽しみです。