2019-06

ワイヤークラフトのメモ

針金人間の密度感は身体の中心部のワイヤーの距離感がポイント!

ワイヤークラフトで針金人間を主に制作していますカズです。今回は、作品制作で重要となるであろうポイントをメモとして残しておく記事です。   タイトルの通り、ワイヤー作品に密度感を求めるなら作品の中心部分を作りこむためにワイヤー同...
完成

人型ロボットをベースにした針金人間「ポーカーフェイス」の紹介

人型ロボットをイメージして作品制作してみましたが、思っていた以上に人間味のある針金人間になりました。密度感のある作品を意識してワイヤー同士の空間が狭く重厚感のある仕上がりになったと思います。自分の想像とは違った作品になるのもハンドメイドの醍醐味なのかなと考えさせられた作品です。
完成

作品の比較も兼ねて制作した針金の調査員2

針金でヘルメットをかぶった調査員を制作しました。小型化したヘルメットと三本の指が特徴的な彼ですが、顔はロボットっぽさがあってポージングも相まって可愛らしい感じに仕上がりました。