【初心者ブロガーの失敗から得たヒント】ブログのアクセスが伸びない理由とその対策方法を探してみる

Pocket

パソコンを見る中年男性

どうもカズです。

今まで、はてなブログでワイヤークラフトの制作過程を主とした記事を書いていました。自分自身が初心者なものですからブログの書き方もよくわからず、「とにかく書く練習だ!」と思い書き続けていました。それで2,3か月目ぐらいからアクセスが伸びだして順調に右肩上がりに、しかし、ある時期からアクセスが横ばいになり「このやり方じゃダメなのでは?」と思うようになりました。

(アクセスが伸びたとはいっても一日の平均で50~60アクセスぐらいで一か月に1500アクセスほどでした)

ただその原因がよくわからず、ただただよろよろとふらつきながら書き続けていました。そのため、やっとの思いで張り付けたamazonアソシエイトの広告も見られることすらない状況。

流石にこの状態が続くのは気持ちの面で良くはありません。モチベーションが保てなくなっているのを実感して「アクセスが伸びるように対策をしよう!」と初心者ながらに奮起したのです。

 

 

アクセスが伸びなくなった理由

なぜある時期からブログのアクセス数が横ばいになってしまったのか理由を考えてみました。

  • ブログが日記になっていた(特にタイトル)
  • 検索上位を狙うキーワードが少なすぎた(偏りすぎていた)
  • サムネイルや画像を上手く使えていなかった
  • ブログの記事の説明文を書いていなかった

今までの経験からアクセスが伸びないと思われる以上の4つの原因について話していきます。

 

 

ブログのタイトルの付け方が日記になっている

客観的に自分の記事を見直してみると明らかに改善すべきところはタイトルだと思いました。

いままでのタイトルの付け方はひどいもので、最初の頃に付けたタイトルは「1」でした。

これは針金で数字の1を作ってみたという記事だったのですが、まぁ・・・見られるはずもなくアクセスが伸びることもなかったと記憶しています。せめて「数字の1を針金で作ってみた」のようにタイトルを付ければ「数字、針金、作る」の三つのワードが検索エンジンに引っかかる可能性もあったのかなぁと反省。

ほかにも「ブログ始めました!」とか「~を作ってみました!」というように完全に日記のタイトルだよね?という付け方をしていたことに気が付きました。

いままではてなブログでやってみて得られたのは、タイトルの重要性に気が付けたことですかね。タイトルがダイレクトに検索エンジンで影響すると実感させられました。

 

 

検索上位を狙うキーワードが少なすぎる

自分の場合、針金で作品を作る内容だったため、「作り方」や「簡単」というワードにとらわれていました。この2つのワードばかりをタイトルに含ませていたため、検索で記事を読みに来てくれる人は「簡単に作れるもの、作り方が見れる記事」を見たいと思ってきているはずです。そこまでは狙い通りなのですが、問題なのはその2つのワードを意識した記事ばかりを書いていたので、「検索で記事にたどり着く入り口が極端に少なかったのではないか」と考えられることです。(自分の中では最大の原因と思っています)

なので対策としては視点を変えた記事を書いてみるのがいいのかなと思いました。例えば、使っている道具を紹介する記事を書いたり、作るきっかけとかコンセプトのことを取り上げてみると角度の違う記事になりタイトルの付け方も幅広くなるのかなぁと考えることができますね。

 

 

サムネイルや画像を上手く使えていない

サムネイルとは記事の顔のような存在で記事の横に表示される画像のことですね。別の言い方だと目を引くという意味合いで「アイキャッチ」とも言われています。

今まで書いていたはてなブログではサムネイルの設定をしていなかったものですから、サムネイルの効果が無い状態で続けていたことになります。記事内で画像を貼ってはいたので表示はされていましたが、魅力的な記事には見えていなかったのかもしれません。

よくよく客観的に考えてみると視覚の情報はすごく影響力があるので、「サムネイルが良い=良い記事だ」という認識はされやすいですよね。実際にサムネイルの画像がオシャレだったり雰囲気が良いとクリックしてしまうことがあります。

とは言いつつ自分は針金の作品の全体図をサムネイルに設定することが多かったので、写真を上手く撮る方法とか画像の編集技術といったことを改善するべきなんですよね(これはまた別の話になりそうです)。

SEO的には画像のalt属性?と呼ばれる部分に画像の説明文を入力しておくと効果があるというのを見たのですが、イマイチわからずな状態です。現在はワードプレスで書いているのですが、ワードプレスの場合アイキャッチ画像を設定するときに代替テキストという欄があるので、そこに画像の説明文(例:空を飛ぶ鳥)を入力することで効果があるみたいです。(それがalt属性の部分みたいです)

つまりは画像自体もSEOに関係しているので画像の説明文を設定しておくことも重要で、目を引く画像をサムネイルにすることで記事を読まれやすくするというイメージですね!

 

 

ブログの記事の説明文(ディスクリプション)を書いていない

まずディスクリプションとは検索したときに出てくる記事のタイトルの下に表示される説明文のことを言います。

このディスクリプションもSEOでは設定したほうが効果的です。しかしながらどう書いていいのかわからず迷ってしまいます。なので考え方としては記事を書き終えたらその記事を簡単にまとめるイメージでディスクリプションを設定するのが書きやすいかと思います(自分はそのようにするつもりです)。下手な文章だとしても設定しておくことで検索上位に食い込んだり、説明文をみて良さそうだなと思ってもらえるとクリックしてもらえるのかなと思います。

ここでも大事なのが、狙ったキーワードを自然に入れることがポイントです。

どこでも出てくるキーワードですが、記事を構成するために考えなければならない要素だと思ってください。キーワードは記事を単語で表現したものでしょうか。この記事では「○○と□□」というキーワードを主とした記事を書いているんだと検索エンジンに伝えるという役割があるイメージ。

なので、それをタイトルやディスクリプションに含ませることで、記事の内容が読む人にとってダイレクトに欲しい情報とよりマッチしやすい仕組みなのでしょう。(そのためキーワードにあったタイトルや説明文、そして記事の文章を書くことで「有益な情報がこの記事にはある」と検索エンジンが判断して上位に表示してくれると解釈しています)

 

以上の4点が現時点で思いつくブログ初心者でも意識しやすいSEO対策できるブログのやりかたかなと思います。

 

 

とりあえず書くでは失敗してしまう!SEOを意識したブログづくりを考える

まず、SEOは何かと言うと、

「SEO(Search Engine Optimization):検索エンジン最適化」の略称です。

検索した結果に自分の書いた記事が上位に表示させること、つまり上記のようにタイトルの付け方を考えたり、キーワードをかんがえたりすることをSEO対策と言います。また検索エンジンというのはGoogle(グーグル)だったりYahoo(ヤフー)といった検索するためのエンジンです(・・・そのままですね笑)

要するにグーグルなどで検索したときに「トップや1ページ目に表示されるようにしよう!」というのがSEOの意識です。

 

なので「とにかく書けば読んでくれるだろう」、「タイトルはこんな感じでいいか(日記のようなタイトル)」という書き方をしてしまうと良い内容だとしても検索エンジンに表示されにくい(表示されないのと同じ)状態になってしまうので、読んでもらえる可能性が極端に少なくなってしまいます。(SEOの意識が低い)

逆に言うと、内容に自信が無くてもSEO対策をしっかりしているブログは検索エンジンで上位に食い込んでくるので、アクセスが伸びやすい傾向に。

何らかの情報が欲しくて検索して記事を見に来るので、自分が見てほしい記事よりは他の人が見て「面白い!」、「ためになる!」、「探したい情報があった!」という記事になるように心掛けるのがアクセスアップには大事ということですね。(それが難しいんですよね;)

もちろんブログのジャンルや記事の見せ方でスタイルは様々だと思いますので、一概に「こういう書き方じゃなきゃダメだ!!」ということは言えません。(書き方は人それぞれです)

 

 

初心者ブロガーがアクセスを伸ばすための対策まとめ

ということでブログ初心者の私がアクセスに伸び悩んだ理由とその対策について思いつくことをまとめてみました。

  1. 記事のタイトルを意識して書くことで検索で上位表示されるのを狙う。
  2. いろんな角度から考えて記事にする(毎回同じキーワードを記事に書かない)ことでアクセスの入り口を増やす。
  3. サムネイルやブログ内で画像を上手く使いクリックさせやすくする。
  4. ディスクリプション(記事の説明文)を設定して検索上位表示やクリックさせやすい工夫をする

 

以上、初心者(自分)が悩みがちなアクセスの伸び悩みを解消するための対策でした。「SEOは何を意識すればいいかわからない」というときに意識すべきポイントをぜひ参考にしてください。まだまだ他にも対策する方法はあるのだと思いますが、SEOに効果的で簡単にできることにポイントを当てた初心者必見の対策ということで自分の体験をもとにご紹介させていただきました。

自分自身もこれから書く記事は、ここで述べたことを意識して以前のブログより良い結果にできるように頑張りたいと思います!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です