アニマルフェイスなワイヤー作品の途中経過

Pocket

新しく針金人間を作り始めましたが、今回はネコっぽいようなウサギっぽい感じの動物の顔ということでアニマルフェイスと勝手に名付けました。

作り方としては長さを決めずに大雑把にワイヤー(針金)を切り出して、それを形をイメージしながら(イメージしきれていないんですけどね)曲げてみるそしてワイヤーの端は留めて形になる。

そんな感じで作り方に決めごとはありません。「曲げたらこんな形になったよ!」っというのが自分流の作り方。

自由に曲げて作っているのですが、それでも留められなくなったりワイヤーを隙間に通せなくなったりして作業が止まってしまいます。(まさに今の状態)

なので途中経過を記事にして一回作ることから離れてみる。一度リセットして時間をおいてからまた作業にかかろうと考えている段階です。

 

途中経過も作品がどう出来上がっていくのかを見ることができるので、作っている本人としてもメモのように残しておけるのは大事だなと感じています。

どのように出来上がるかを想像しながら見ていただくと楽しめるのかなと思います。(どうなるかわからない未知の世界)

 

 

[アニマルフェイスの画像]

アニマルフェイス正面

まずはこの特徴的な顔ですよ。目、鼻、口(マスク?)の配置がそのように思わせるのでしょうか?猫みたいな顔だなぁと感じました。しかしワイヤーを足していくと今度は耳のようなものが生えてウサギに見えてくる。

耳にするつもりはないんですが、耳のような角のような状態のワイヤーをどうしようか迷っていて耳として作っていくのもアリかなぁと思い始めています。

 

 

アニマルフェイス後ろ

後ろから見た図になりますが、後ろを見ればワイヤーが行き先を探している様子がわかるので未完成だとわかります。

そう、現在は後ろの厚みを足している段階で止まっているのです。

やはりワイヤーの端っこをどこに留めるのかを毎回悩んでしまいます。ワイヤーを一本足すのにも選択肢が多いのです。

どこに足しても面白そうな形になる。しかし逆もあって、ここに足したらワイヤーを通せなくなってしまうなんてこともあります。

まだ、息を吐くように作品が出来上がる域には達していないということですね。

 

 

アニマルフェイス右

横から見るとやはりネコっぽさが目につきます。ツノ(耳)も今は立てている状態ですが、しまい込むように曲げようかなと思っていますがもしかすると活かすかもしれません。

 

 

アニマルフェイス左

今のところ左右で形が違うところはほぼないです。微妙な位置のズレなんかが見え方に影響しているとは思います。左右で形が違う方が面白いと思うので、ボディ(身体)を制作するときは左右で違った作りにすると思います。(同じにするのは実は難しく、まったく同じつくりにしないと留められなかったりワイヤーを通すこともできないときもある)

 

アニマルフェイス頭

頭はだいぶ丸みが出てきて頭の形も終盤に入りつつあるという感じ。もうワイヤーを通せる隙間が無いのでどのようにしてワイヤーの端を留める(処理する)か・・・ここが正念場です。

 

アニマルフェイス下から

最後に下から見た図ですが、後からボディにつなげることを考えて首もあらかじめ作っています。いまの段階では、ねじったワイヤーは「骨」を表現するために使っています。

ねじるとワイヤーは束になるので強度が増します。それを内側(体の芯)に使うことで作品の見た目の良さと強度を両立できます。ねじったワイヤーの端を余らせておくことで、あとからでも接続できるということです。

 

サクッと手足とボディを作りたいと思いますが、思った以上に時間がかかることでしょう。自分の感覚をうまく活かして流れるかのように作品を作れるように修行ですね。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です