立体作品

ワイヤークラフトのメモ

1日かけて制作した針金人間とアルミワイヤー作品の特徴について

アルミワイヤーで針金人間を作ることを追求していましたが、制作に時間がかかりすぎていることを考えて一日でどの程度作りこめるか検証しました。また、作品制作におけるアルミワイヤーの特徴についてまとめて頭の中を整理した記事です。
ワイヤークラフトのメモ

アルミワイヤーでクラフトする立体作品制作の三大要素について

アルミワイヤーで針金人間を作るのが主流のカズです。今回は、今までのアルミワイヤー製のワイヤーマンの制作で感じた立体作品における重要な要素について書いていきます。   ワイヤークラフトにおけるアルミワイヤーの特徴について...
完成

三本指のロボット型の針金人間(WM-9)[ワイヤークラフト立体作品]

針金人間の9作目は、パイナップルのような顔立ちに三本の指が印象的なロボットのような針金人間です。「強度」、「密度感」、「見映え」といった独自のこだわり要素を基に制作している針金の立体作品になります。2mmのアルミワイヤーのみ使用しているので野暮ったさもありますが、それが個性的な作品になっているようにも感じます。
ワイヤークラフトのメモ

針金人間の密度感は身体の中心部のワイヤーの距離感がポイント!

ワイヤークラフトで針金人間を主に制作していますカズです。今回は、作品制作で重要となるであろうポイントをメモとして残しておく記事です。   タイトルの通り、ワイヤー作品に密度感を求めるなら作品の中心部分を作りこむためにワイヤー同...
完成

人型ロボットをベースにした針金人間「ポーカーフェイス」の紹介

人型ロボットをイメージして作品制作してみましたが、思っていた以上に人間味のある針金人間になりました。密度感のある作品を意識してワイヤー同士の空間が狭く重厚感のある仕上がりになったと思います。自分の想像とは違った作品になるのもハンドメイドの醍醐味なのかなと考えさせられた作品です。
完成

作品の比較も兼ねて制作した針金の調査員2

針金でヘルメットをかぶった調査員を制作しました。小型化したヘルメットと三本の指が特徴的な彼ですが、顔はロボットっぽさがあってポージングも相まって可愛らしい感じに仕上がりました。
完成

ヘルメットをかぶった調査員のような針金人間の紹介と制作で学んだこと

ヘルメットから覗くシルバーの顔が印象的な針金人間が完成しました。従来の作り方とは少し違って針金同士の空間を使った作品制作によって、より深みのある作品になりました。今までの経験値から良いところを引き継ぎ、新たな試みによって作品に変化が感じられたように思います。
立体作品

[針金人間の制作過程]どのように作られていくのかを画像でご紹介します

針金人間の制作過程をいくつかの写真で簡単にまとめてみまたした。制作の手順やコツみたいなこともチラっと書いていますが、作品が出来上がる過程を見るだけでも楽しめると思います。
完成

鎧を着たフクロウのような針金人間をクラフトしました

フクロウのような顔立ちの針金人間を制作しました。プレートを腰につけて上半身には鎧をまとったような見た目に仕上がりました。鳥らしさを出すために手足には三本のかぎ爪があり、腰のプレートがより鳥らしさを演出しています。
完成

頑固自在でクラフトした針金の飛行機(ワイヤーエアクラフト)

頑固自在を使って針金の飛行機を制作しました。飛行機の骨格の大まかな部分は太い針金で、プロペラや翼の面などの細かいパーツは細い針金を使いました。制作のこだわりや思いについて書いています。