ワイヤークラフトの技法

チタンワイヤーー

チタンワイヤーは加熱する時間によって干渉色の出方が違います

チタンワイヤーは火で炙ることにより綺麗な干渉色が確認できることが知られています。その色味は毎回違って面白いのですが、その色をコントロール出来たらより芸術的なワイヤーアートになると思い、温度や加熱時間を変えてみるという実験をしてみました。チタンワイヤーの色について知りたい人に向けた記事です。
ワイヤークラフトの技法

ねじったワイヤーを応用した技法「ねじり巻き」が強度と見映えを両立してくれます

一本の針金(ワイヤー)を曲げて留める。これが最も簡単なワイヤークラフトの作り方だと思います。この方法でも十分な作品が出来上がります。 しかしながら一本ずつ足していくやりかたでは、作品の面を作るときや厚みを作るとき、さらには強度を考えること...
ワイヤークラフトの技法

絶対に覚えておきたいワイヤークラフトの基本となる技法「留める」のやり方と注意点

ワイヤークラフトでは主にワイヤー(針金)とペンチを用いて作品を作ります。 もちろん素手で曲げることも多いです。しかしながらワイヤーの端や細かい部分は素手では曲げることが難しいのでペンチを使って曲げます。なのでワイヤークラフトにおいてペ...