完成

完成

三本指のロボット型の針金人間(WM-9)[ワイヤークラフト立体作品]

針金人間の9作目は、パイナップルのような顔立ちに三本の指が印象的なロボットのような針金人間です。「強度」、「密度感」、「見映え」といった独自のこだわり要素を基に制作している針金の立体作品になります。2mmのアルミワイヤーのみ使用しているので野暮ったさもありますが、それが個性的な作品になっているようにも感じます。
完成

人型ロボットをベースにした針金人間「ポーカーフェイス」の紹介

人型ロボットをイメージして作品制作してみましたが、思っていた以上に人間味のある針金人間になりました。密度感のある作品を意識してワイヤー同士の空間が狭く重厚感のある仕上がりになったと思います。自分の想像とは違った作品になるのもハンドメイドの醍醐味なのかなと考えさせられた作品です。
完成

作品の比較も兼ねて制作した針金の調査員2

針金でヘルメットをかぶった調査員を制作しました。小型化したヘルメットと三本の指が特徴的な彼ですが、顔はロボットっぽさがあってポージングも相まって可愛らしい感じに仕上がりました。
完成

ヘルメットをかぶった調査員のような針金人間の紹介と制作で学んだこと

ヘルメットから覗くシルバーの顔が印象的な針金人間が完成しました。従来の作り方とは少し違って針金同士の空間を使った作品制作によって、より深みのある作品になりました。今までの経験値から良いところを引き継ぎ、新たな試みによって作品に変化が感じられたように思います。
完成

鎧を着たフクロウのような針金人間をクラフトしました

フクロウのような顔立ちの針金人間を制作しました。プレートを腰につけて上半身には鎧をまとったような見た目に仕上がりました。鳥らしさを出すために手足には三本のかぎ爪があり、腰のプレートがより鳥らしさを演出しています。
完成

頑固自在でクラフトした針金の飛行機(ワイヤーエアクラフト)

頑固自在を使って針金の飛行機を制作しました。飛行機の骨格の大まかな部分は太い針金で、プロペラや翼の面などの細かいパーツは細い針金を使いました。制作のこだわりや思いについて書いています。
完成

WM4-サーチライトを連想させた針金人間

横顔がサーチライトのような形の針金人間が出来ました。ねじりワイヤーを多用しコイル状になった腕や歯車のような腰回りといったメカニックなディテールに仕上がりました。
完成

自遊自在を使った針金のスマホスタンドをクラフトしてみました

ワイヤークラフト向けのワイヤーである自遊自在を使ってスマホスタンドを制作しました。簡素なデザインながらもしっかりとスタンドの役割をしてくれるので実用性があります。色も鮮やかなのでインテリアとしても使えそうです。
完成

アルミの針金で一筆書き!うまく作るコツをまとめてみました

[1mmのアルミワイヤーでカタカナ四文字を別々に一筆書き] この時期と言えば福袋が盛り上がります。初めて福袋を購入し、その内容を記事にしました。その時のサムネイルのために作ったのが、アルミのワイヤーを使って一筆書きで作った「...
完成

チタンワイヤーでコーヒードリッパーを制作したら小物入れになった

友人からアウトドアで使えるコーヒードリッパーをワイヤーアートで作ってほしいということでクリスマスプレゼントとして制作しました。しかしながら制作途中のでコーヒーフィルターが収まらなくなり小物入れに路線変更することに。