[Good On福袋2019]中身ネタバレ!詳細や値段について

アルミの針金「ネタバレ」 雑記

[Good Onの福袋の中身]

どうもワイヤークラフトやっていますカズです。人生初の福袋がついに届いたのでご紹介したいと思います!

購入した福袋のブランドはGood On(グッドオン)というもので、アメリカの綿(コットン)が使われたデイリーウェアを取り扱っています。中でも一番の魅力がピグメントダイ(顔料染め)という染め方によって出来上がる服は、洗濯をするごとに染料が落ちていき独自の風合いになる経年変化を楽しむことができることです。(2018年に入手したカタログ?には「経年優化」と表現されていました、面白い!)

  

Good On公式サイトはこちら

 

福袋の値段は15000円に送料(810円)を加えた15810円でした。今年から値上がりしたみたいで中身には、より一層期待が高まります。

福袋の中身は約40000円相当で3点から4点ほど入っていると公式サイトの福袋の情報にありました。(年度ごとに検索してみましたが、福袋のページは残らずに消えてしまうみたいです)

  

何年でも着られるようにとしっかりとした作りで耐久性が高いみたいです。実際に触ると少しザラっとした感じで、一般的なシャツと比べると厚みがあります。(丈夫な作りを感じさせる肌触り)

またピグメントダイによる色味が凄く良く、一枚羽織るだけでも存在感があります。冬のこの時期でもアクセントカラーとして映えるので、デイリーウェアとして最適だと思います。

耐久性とピグメントダイの色味の良さは新たなヴィンテージアイテムとして最高の組み合わせだと思います。(自身のワイヤークラフトの考え方に似ているのが、気に入る要因なのかもしれない)

  

それでは中身を見ていきましょう!

  

Good Onの福袋の中身(2019)

  

開けたときが楽しくて、福袋から出すときは見ないようにして指の感触で「おっ!これはアウターかな?」、「これはインナーだな」と判断してました。薄いものから順に出していき最後にアウターを確認するという流れで福袋開封を楽しみました。

  

福袋の中身は計四点入っていました!半袖が一枚、長袖が一枚、シャツが一枚にカーディガン(アウター枠?)が一枚です。

  

この福袋が届くまで「どんなアイテムが来るんだろう」とか「使わない色が出たら嫌だなぁ」と思っていました。

でも実際に中身を見ると、使わないアイテムがひとつもない!全部ヘビロテで使い込む勢いです。そして驚きだったのが、色が全部使える色だったことです。(心の中読まれてる!?)

 

このブランドを知ったのが2018年だったので、それ以前に発売されていたアイテムを入手する術(すべ)がありませんでした。なので福袋という存在は自分にとって得でしかないというわけです。(今年度のアイテムが出ないと仮定すると、福袋から出るアイテムは自分が持っていないものしか出ない)

なので個人的には「買って良かった、いや買えて良かった」とこの一言に尽きます。

  

  

[1点目、s/s ラグランTEE]

s/s ラグランTEE(レッド)

初めてのGood Onの購入品が同じ色の半袖なのですが、パターンが異なるので全然OKでした。(ポケット無しの半袖欲しかったんですよ)

ちなみにs/sというのはショートスリーブ(半袖)のことみたいです。

 こちらのお値段は4300円(税込み4644円)でした。

  

 

s/s ラグランTEE(レッド)のディティール

ディティールはこんな感じで、首から脇にかけてはラグランスリーブになっており、袖口には半袖には珍しいリブが付いています。

 

 

s/s ラグランTEE(レッド)の裾

裾は厚めに折り返して縫われています。

 

s/sラグランTEEの商品ページはこちら

 

 

[2点目、ロングスリーブラウンドTEE]

ロングスリーブラウンドTEE(メタルグレー)

グレーの長袖ですね。グレーは普段選ばない色ではありますが、合わせやすい色でもあるのでこれを機に取り入れたいですね。(部屋着としては最高)

こちらのお値段は、5500円(税込み5940円)です。

 

 

ロングスリーブラウンドTEE(メタルグレー)の袖と裾

袖と裾のディティール。袖は特に普通に縫われている感じですが、裾は名前の通り真ん中に行くにしたがって膨らんでいる独特な形状。一枚で着てもこのワンポイントで差が生まれますね。

 

 

ロングスリーブラウンドTEE(メタルグレー)の首元のリブとタグ

実際に着てみると、首元のリブはかなりぴたっと触れる感じで冬でも使いやすくて助かります。

グレーはピグメントダイではないので、首のタグが真っ白で新鮮な気持ちになります。またグレーのみレーヨンが10%含まれており、さわり心地が良く柔らかいです。

 

ロングスリーブラウンドTEEの商品ページはこちら

  

 

[3点目、ヘリンボーンミリタリーシャツ]

ヘリンボーンミリタリーシャツ(ネイビー)

届いてから改めてサイトで見て思い出したのですが、「これ良さそうだなぁ」と思いながら眺めていたアイテムのひとつです。色違いのセージ(緑)のアタリのメリハリが良くて立体的に見える感じがツボでした。ネイビーもそんな感じに色落ちするのか楽しみです。

こちらのお値段が、12800円(税込み13824円)です。

 

 

ヘリンボーンミリタリーシャツ(ネイビー)のディティール

ボタンやポケットの配置からアメリカンカジュアルを感じるディティールですね。

中心のボタンが並んでいる部分ですでにアタリが見られてウキウキです。

 

 

ヘリンボーンミリタリーシャツ(ネイビー)の裏

上図がヘリンボーンの模様もしっかり見えますし、一番本物の色味に近いです。このネイビーカラーは紫よりの青で良い色味。ちゃんと予備のボタンも付いています。

このヘリンボーンの模様に沿った濃淡が出るということなので、着ていくのがすごく楽しみです。

 

ヘリンボーンミリタリーシャツの商品ページはこちら

 

  

[4点目、ボアカーディガン]

ボアカーディガン(セージ)

最後はアウター枠と思われるボアカーディガンになります。お値段は、18800円(税込み20304円)です。

福袋に手を入れたときに最初に触れたのがこれだったんですね。厚みもあるし、表面のモコモコ具合で「アウターか!?」ってすぐに感じました。

さわり心地は少しゴワゴワしており、硬めの絨毯(じゅうたん)かと思いましたよ笑。洗っていくうちに触感が変わるのかどうか楽しみですね。

 

 

ボアカーディガン(セージ)の袖とポケット

袖はかなり短めのリブになっており、ポケットも同じ感じです。

このカーディガンは春や秋にはアウターとして、冬にはインナーとして活躍してくれそうです。

このカーディガン、洗濯や着用した際の摩擦によって毛玉(ピリングと言われるそうです)が発生しますという注意書きがありました。製品の特性上、避けることはできないので共存していくしかないようです。(翌日に半日ぐらいかけてハサミで毛玉取りの儀式を行いました)

 

 

ボアカーディガン(セージ)の裏ポケット

裏側にもポケットが付いていました。(表に2個と裏に2個で計4個ポケットが付いています)

そしてこのカーディガンはスナップボタンで開け閉めする仕様になっています。

 

 

ボアカーディガン(セージ)の横側

着たときに気が付いたのですが、前身ごろと後ろ身ごろの長さが少し違うみたいです(前の方が長い)。パソコンの画面越しだと気が付かないこういうディティール好きです。

ボタンを開けて着てもシルエットが綺麗で、Xの形になります。閉じるとYの形になり、裾が締まって暖かいです。パターンとサイジングのこだわりが直に感じられます。

 

このアイテムもピグメントダイなので色落ちするみたいですが、ボア素材の色落ちというのが未知の領域です。濃淡の違いが出てくるならそれはもう楽しみです。

 

ボアカーディガンの商品ページはこちら

  

 

[合計金額と感想]

以上4点のアイテムで合計金額が41400円(税込み44712円)でした。

初めての福袋ということで、「福袋は売れ残りだぁ」とか「地味なのしか入ってない」というイメージがあったので不安がありましたが、良い意味で期待を裏切ってくれたので満足する結果でした!

個人的にはパーカーとスウェットが気になっていたのでどちらも入っていなかったのが心残りでしたが、この結果から「来年の福袋も買いたい!」とそう思わせる内容でした。

 

今回のGood On福袋の傾向としてはインナーからアウターまでコーディネイト一式が揃うような中身になっていると感じました。以前の福袋の傾向を調べてみるとインナーが豊富で、スウェットやパーカが目玉アイテムになっている印象でした。

前年度から単価の高いもの(アウターなど)が含まれやすくなり、アイテム数が少なった印象です。(個人的にはスウェットとパーカーが欲しかった~~~)

 

 

[福袋の楽しみ方]

最後に福袋の楽しみ方についてお話したいと思います。

  

やはり福袋の醍醐味と言えば中身の予想です。「~円相当だからインナーが何着かあってアウターはこれが入っていたりして!」と想像するだけで気分が高揚します。

福袋の情報が公開されたときもワクワク感が募ってきましたね。今回の福袋の情報(福袋の商品ページ)が出たのは2018年の12月20日の夜だったと思います。(自分が見たのは夜の10時ごろ)

 

福袋を購入してから公式サイトでアイテムを眺めて「これカッコいいなぁ」とか「これ欲しいけど単価が高いから入らないよなぁ」と楽しんでいました。

そして届いたら実物を見て一喜一憂する楽しみがあるわけですね。(ここが一番盛り上がるところ!)

 

届いた後も楽しみがあって、公式サイトの商品ページでアイテムの詳細を調べるわけです。それで届いたアイテムと照らし合わせて「このアイテムだっ!」と見つけた喜びと共にそのアイテムの詳細を知ることが出来るわけですね。

 

あとはこの余韻に浸ってゲットしたアイテムを着る愉しみですね。経年変化を楽しめるアイテムは着る楽しみがあるから最高です!

どのように変化していくのかを確かめたいと思います。買えて良かった福袋でした!(買えないのが一番ツライ)

 

コメント