完成

ヘルメットをかぶった調査員のような針金人間の紹介と制作で学んだこと

ヘルメットから覗くシルバーの顔が印象的な針金人間が完成しました。従来の作り方とは少し違って針金同士の空間を使った作品制作によって、より深みのある作品になりました。今までの経験値から良いところを引き継ぎ、新たな試みによって作品に変化が感じられたように思います。
ワイヤークラフトのメモ

アルミワイヤーで作品の強度を出すための作り方を考えてみる

アルミニウムのワイヤーは柔らかく曲がりやすいので、作品の強度について考えなければなりません。強度の問題を解決するために制作のルールを作ってみましたのでご紹介します。
ワイヤークラフトのメモ

ワイヤークラフト作品に強度を持たせる作り方のコツ

ワイヤークラフト作品を制作するのに必要な強度を高める方法を考えてみました。あることをするだけで簡単にできるので、制作工程が増えますが取り入れやすいかと思います。
ワイヤークラフトについて

[ワイヤークラフト用語集]よく使われる道具や技法について解説します

ワイヤークラフトでよく使う基本的な道具や技法についてのマニュアルをまとめてみました。ワイヤークラフトの入門編として押さえておきたい内容を載せています。当サイトではこれらの言葉を多用するので、一読していただけると内容がグッとわかりやすくなると思います。
立体作品

[針金人間の制作過程]どのように作られていくのかを画像でご紹介します

針金人間の制作過程をいくつかの写真で簡単にまとめてみまたした。制作の手順やコツみたいなこともチラっと書いていますが、作品が出来上がる過程を見るだけでも楽しめると思います。
完成

鎧を着たフクロウのような針金人間をクラフトしました

フクロウのような顔立ちの針金人間を制作しました。プレートを腰につけて上半身には鎧をまとったような見た目に仕上がりました。鳥らしさを出すために手足には三本のかぎ爪があり、腰のプレートがより鳥らしさを演出しています。
ワイヤークラフトのメモ

ワイヤークラフトで最後に針金の先がどうしても残ってしまうときの処理方法

針金を巻いた後やねじったワイヤーの端の余った部分の処理方法についてのメモを残しました。簡単に実践できるので、作品制作で迷ったときに取り入れてみるとしっくりくるかもしれません。
ワイヤークラフトのメモ

[ワイヤークラフト]編んで平面を作るのに必要な針金の長さに関するメモ

針金で編むことによって面を作ることが出来ますが、編むために必要な針金の長さを正確に測るのは難しいです。やってみる前に予測した長さと実際に必要だった長さをメモとして残しました。
完成

頑固自在でクラフトした針金の飛行機(ワイヤーエアクラフト)

頑固自在を使って針金の飛行機を制作しました。飛行機の骨格の大まかな部分は太い針金で、プロペラや翼の面などの細かいパーツは細い針金を使いました。制作のこだわりや思いについて書いています。
ワイヤークラフトの技法

[格子編み]針金を置いて格子の形に編む方法

針金を互い違いに置いて編んでいく格子編みの方法をご紹介します。編んだ部分が面になるのでメリハリが出るので、作品の幅が広がります。