完成

アニマルフェイスな針金人間のコンセプトやこだわり、苦労した点について

作るまで何になるのか予想もつかないハンドメイド作品の制作でありますが、最近「人型」が一つのテーマとなりつつあります。なので心に決まったともいえる人型をベースにして個性的な作品を目指して制作していきたいと思っています。 今回は人型とし...
未分類

アニマルフェイスなワイヤー作品の途中経過

新しく針金人間を作り始めましたが、今回はネコっぽいようなウサギっぽい感じの動物の顔ということでアニマルフェイスと勝手に名付けました。 作り方としては長さを決めずに大雑把にワイヤー(針金)を切り出して、それを形をイメージしながら(イメー...
完成

小型のワイヤードールを作ってみました

前回の針金人間はサイズがデカく、製作時間もかなりかかってしまったので小型化して同じように作ってみました。 急遽、祖父へのプレゼント用として製作したのですが、それでも製作にかかる時間は7〜8時間ほどかかり気力も燃焼…。 小型にな...
完成

自分の感性に従って制作した立体作品の無骨な針金人間

最近になってようやくわかったのは、「自分が作りたいものがこういうのだっ!」ってことに気が付いたこと。大前提として、やりたいことは針金(ワイヤー)で何かを作ること。でもそれではまだ漠然としすぎで、どういうものを作りたいのかを自分に聞くことが...
完成

アンティークなカブトムシのオブジェのこだわりや詳細について

ワイヤーでカブトムシのオブジェを制作しました。本物のカブトムシを意識して制作したのでどことなくリアリティのある風合いを感じさせます。押してもつぶれないようにねじりワイヤーを柱として用いることで丈夫な作りを目指しました。
雑記

小樽と言えばガラス工芸!夏にオススメしたい北一硝子でインテリアとして使える浮き!

小樽と来ると必ず行くのが北一硝子です。昔ながらの木造の店内に飾られているガラスは色とりどりで鮮やかな雰囲気を放っています。お皿やカップ、一輪挿しから動物の小物まで様々なものがありますが、自分は歴史ある浮き球に惹かれました。
雑記

小樽にあるエゾシカの革を使ったレザーショップ「EZO Leather Factory」での戦利品「革モノ好きは行くべき場所!」

小樽にあるEZO Leather Factoryというエゾシカの革製品を扱っているお店に行きました。お店の看板に革が使われておりエゾシカのツノが飾られていたりとインパクトのある見た目なので一目でわかるレザーショップです。気に入ったものをいくつか購入したのでご紹介します。
ワイヤークラフトの技法

絶対に覚えておきたいワイヤークラフトの基本となる技法「留める」のやり方と注意点

ワイヤークラフトの基本技術となる「留める」の方法をご紹介します。U字を作ってペンチで挟んで締めるというやり方ですが、しっかり留めるにはコツが必要です。自分なりの方法を図で説明していますので参考にしていただければと思います。
試作

パフィンという鳥をベースにした針金作品[ワイヤークラフト]

パフィンというマスクをしたような顔が特徴的の鳥がワイヤークラフトと相性が良さそうなので制作してみました。思い付きの制作のためか留められていない部分があったりしますが、足はしっかり束ねて頑丈になってある程度形になったので良し。
未分類

夏っぽいものを作りたい!ワイヤーで小物が入る船を自由に作ってみる

針金で船を作りたくなったので中途半端ながら小さなボートのような船を作りました。 ネットでたまに針金の作品を「ワイヤークラフト 作品 船」みたいに検索してみるわけですが、凄い密度のある針金の船があって感激。次元が違いすぎ...