黄色くなってしまった白背景の画像はGIMPで簡単に修正できます!

黄色から白背景へ GIMP

[カメラからパソコン移すと背景が黄色くなってしまう]

普段はブラウンのアルミワイヤーを使っているためコルクボードを背景に写真撮影をしていました。しかし最近チタンワイヤーの干渉色が映える背景はやはり白ということで白背景で撮影することに。

いざ撮影してカメラの画面で見ると白背景なのにパソコンに送るとなぜか背景が黄色っぽくなってしまいます。(カメラ側の設定なのか端末ごとに色味が違って表示されるのかな?)

 

そのままでアップしていたのですが、フリーソフトのGIMPで簡単に白背景に修正できる機能がわかったので手順も載せて簡単に説明していきます。

 

 

[黄色くなってしまった背景を白くする手順]

 

[GIMPを起動したらまず修正したい画像を開く]

まずは画面左上の「ファイル」をクリックし、その中の「開く」を押して出てくるウィンドウから修正したい画像を探して開きます。

そうするとGIMPの画面で画像が表示されます。

 

 

[黄ばんだ背景を白くする方法]

1.

上のタブの「色」をクリック

上にあるタブの「画像」をクリックします。

 

 

2.

「色」の中の「レベル」をクリック

「色」をクリックしたときに現れる項目の中の「レベル」をクリックします。

  

 

3.

自動調整の右にあるスポイトの一番右をクリック

「レベル」をクリックすると、ウィンドウが表示されます。その中の下の方に「自動調整」と書かれたボタンの右にスポイトのマークが3つありますので、一番右のスポイト(白点を設定)をクリックします。

そうするとマウスカーソルがスポイトの形に変わります。その状態で色背景にしたい部分(一番濃い黄色部分がいいかもしれません)にスポイトになったカーソルを合わせてクリックします。

 

 

4.

マウスカーソルがスポイトになるので白くしたい色の部分をクリックでOK

そうすると背景を白くすることができます。(この白抜きはおそらくクリックした部分の色を白に変更する機能みたいですね)

「レベル」のウィンドウの「OK」をクリックしましょう。

 

 

5.

白背景の写真を保存する

最後に白背景になった画像を保存します。

左上の「ファイル」をクリック。その中の「保存」あるいは「名前を付けて保存」をクリックします。(「保存」だと元の画像を上書きして保存、「名前を付けて保存」だと元の画像とは別に保存されます)

 

  • 黄色い背景の元画像がいらないと思ったら「保存」
  • 黄色い背景とは別に白背景の画像を保存したいなら「名前を付けて保存

 

 

6.

上書き保存のウィンドウ

上図では上書き保存となる「ファイル」→「保存」をクリックしたものです。そうするとこのようなウィンドウが表示されるので、「保存」をクリックすることで、黄色っぽい背景だった画像が白背景に変更した画像として保存されます。

 

 

[最後に]

いかがでしたでしょうか、ボタンをポチポチとクリックするだけで簡単に白抜き画像にすることが出来ました!

別の方法で選択範囲を設定してから範囲外を白くする方法もあるみたいですが、選択範囲の設定が点を何個も書いて結ぶという非常に時間がかかってしまう方法のため、時間がかかりすぎてしまいそれは断念しました。

それで今回の白背景に修正する方法がわかったので助かりました。この方法だと数回のマウスクリックで早く修正できるので非常におすすめです。

 

コメント